ちょなのビギナーブログ

やりたいことはなんでもやってみる!を詰め込んでいます。

梅雨時期のJALパック アイランドホッピングツアーの悲劇〜その1

前回の梅雨時期前半のJAL PAK アイランドホッピングツアーが上手いこと完遂出来たのをいいことに、梅雨明けギリギリのアイランドホッピングツアーは余裕でしょ♪と高を括っていた私。

そんなに人生甘くない。『修行』であることを突きつけられたこの事実を、包み隠さず残しておこうと思います。

これから修行としてアイランドホッピングツアー参加を考えている方の参考に少しでもなれば幸いですm(_ _)m

※2018年7月から、奄美アイランドホッピングルート開通によりツアー内容も一部変更になっています。(那覇にも行ける!)とはいえ、奄美群島とアイランドホッピングツアーの参考にはなると思います!

 

沖縄・奄美の梅雨時期は?

日本で最も早く梅雨が明ける地域の一つ、沖縄。JAL PAKのアイランドホッピングツアー(15フライトコース)は、奄美群島を三角飛びするJGC回数修行僧向けの楽しいツアーです。私は、沖縄の梅雨明けを基準に参加日程を決めました。(すでにツッコミを入れたい!という方、もうしばらくご辛抱ください…苦笑)

小型プロペラ機に乗りまくるツアーなので、『飛ばない』ということだけでなく『揺れる』などの懸念もあります。そのため、参加時期の検討は【最重要】です。

そこで私は、『沖縄』の梅雨時期情報を調べて(2018年の予測も含めて)、参加日程を決めたのです。だって、飛ばなかったらホッピング出来ないし!15レグ稼げないし!!それ以上に、楽しい時間が減ってしまう!!!と、必死に『沖縄』の天気を…ね。

でも、忘れちゃいけません。このアイランドホッピングツアーのベースは『鹿児島、奄美大島』です。そこに、大きな落とし穴があったのです。

 

私の参加日程

もはや参加後なのでね。公開します、私の参加日程。

 

2018年6月23日(土)〜24日(日)

 

でした。初日のお昼ごろ、空港のテレビで「沖縄梅雨明け」がニュースになっているのをみました。(←第1の油断ポイント)そりゃね、嘘じゃないですよ。『沖縄は』梅雨明けしました。

 

梅雨入り梅雨明け情報2018

この記事を書いている今2018年7月4日現在、気象庁のHPに公開されていた情報はこちら。

f:id:chonaphoto:20180704225108j:image

どーん。ずーん。でました、これ。この情報を踏まえて、次からの私の『試練』をお楽しみください。

※なんでこの(前年)情報調べた時に見なかったの?!というツッコミは今のところ受け付けておりませんm(_ _)m

 

ツアーの当日の天気と試練【1日目】

私は、奄美群島と沖縄(と鹿児島)を一緒に考えていたんですね。それが甘かった。それぞれ海に囲まれた島です。そこそこ距離あります。(アイランドホッピングツアーに参加して感覚が麻痺してましたが、距離はあります。笑)

 

羽田の天気

出発の朝、羽田の天気は曇り。梅雨時期ではあるけど雨が降らなくて良かった(o^^o)という感じの空。

f:id:chonaphoto:20180628081600j:image

 

鹿児島の天気

それが、鹿児島着いた途端これ…今回の修行が厳しくなることを予言していたように思います。

f:id:chonaphoto:20180628081748j:image

 

奄美大島の天気

なのに、ですよ?奄美大島についたら南の島はもう夏だ!と確信する暑さ。東京から来た人間にとっては過酷な気温差と湿度。

f:id:chonaphoto:20180628081849j:image

 

そう、奄美群島は夏日♪ アイランドホッピング日和でした。飛行機の窓から見える景色の綺麗なこと…╰(*´︶`*)╯

 

1日目に起きた【試練】

奄美大島を起点として、アイランドをホッピングしている間は良かったんです。問題は、ベース基地『鹿児島空港』に帰る便で起きました。

アイランドホッピングツアーでは、初日最後のフライトが「喜界島→鹿児島」になっています。いよいよ最後!喜界空港で何の疑いもなく荷物検査の列に並んでいたら、アナウンスが…。

 

鹿児島空港視界不良のため、目的地を宮崎空港または福岡空港に変更する可能性があります。

 

…?でもまぁ、飛ぶんでしょ?周りの皆さんも慌てる様子も困る様子もなく、乗り込む準備を進めている…ので、私もまぁとはいえ大丈夫でしょう!と思っていました。

 

鹿児島空港上空での出来事

離陸後少し経つと、外の景色は真っ白!!何にも見えない!で、揺れる。揺れるのはいいの。それも含めて小型プロペラ機の醍醐味だから!(飛行機ヲタでない限りそうは思わないかも知れませんが)

いよいよそろそろ?鹿児島だなぁと思っていたら、CAさんからアナウンス。

現在飛行機は再度高度を上げております。詳しくは分かり次第お伝えしますので、そのままシートベルトを締めたままお待ちください。(的な事を言っていた)

着陸出来なかったのね。雲があるからね。で、鹿児島空港の上空でくーるくる。

 

しばらくすると、ダンディなアナウンスが。

機長の●●です。鹿児島空港へ着陸を試みましたが、視界不良の為着陸出来ませんでした。管制塔からの情報によると、この後天気が回復しそうとのことなのでしばらく鹿児島空港上空で待機します。安全運行へのご理解をよろしくお願いします(要約。たぶん。)

とさ。機長がおっしゃるのだから、我々は従うのみ!いい子で待ってますっ!!ってな心境です。

本当はそろそろトイレに行きたくなりそうだなーとか思ったけど、CAさんに迷惑かけたくないから待つことに。

 

でも、窓の外を見る限り、真っ白。よくもまぁこんな中くーるくるしてて他の飛行機や鳥さんにぶつからないもんだな、機長すごいな!パイロットってすごいのね!!とか能天気な私は内心テンションが上がっておりました。

が、次のアナウンスで事態は急変します。

 

鹿児島空港へ着陸の為待機していましたが、天気の回復が見込めない為この飛行機は目的地を福岡空港に変更いたします。

悪天候のため、雲を避けて遠回りしていたこともあり燃料を通常よりも多く消費しています。燃料の残量を鑑み、現時点で目的地を福岡空港に変更いたしました。

皆さまこの後もご予定があるにも関わらず目的地が変更になりましたこと、お詫び申し上げます。

安全運行へのご理解を何卒よろしくお願いします。

byダンディボイスの機長

 

その後、CAさんからも福岡空港に行くこと、その後の振替などは現地空港にて対応するためそれまで待っていてほしいこと、改めて目的地変更になったことに対するお詫びがありました。

 

福岡空港に向かう中で…

乗客約30名、誰も喚くことなく、文句を言う人もおらず、揺れる機内でおとなしく過ごしました。(追加フライト約60分)

もちろん、離島住まいの方々はこういったことに慣れているのかもしれません。が、それ以上に機長のアナウンスが的確だったこと、その後のCAさんのフォローのアナウンスがあったことが乗客全員をおとなしくさせていた理由だと思うのです。

そりゃ、私も考えました。

「福岡に降りてどうするんだよ、モツ鍋でも食べる?いゃ、明日のホッピングツアーどうするの?え、キャンセルするの?いゃ、飛ぶなら飛びたいよね?でも鹿児島スタートだよね??(以下略」

ただ、できる限りのことはやったけど、安全に陸に降りるために決断をし、それを素人にも分かるように端的に説明してくれた機長。さらに、着いたはいいけどどーすんだよ?!の不安を真っ先に解消してくれたCAのフォローアナウンス。これがあったらいい子で待ってる以外選択肢はありませんでした。もちろん、不安にもなりませんでした。

 

福岡空港到着後のGSの皆さまの対応

福岡空港は晴れていたので、広ーい空港に、無事乗客30人を乗せた小さな小型プロペラ機は着陸をしました。

ありがとう、機長!かっこいいっす!!と思いながら外を見ていたら、CAさんからアナウンスが。

羽田または伊丹へお乗り継ぎ予定だった方は振替をしております。伊丹空港へ向かう方は乗り換え時間が非常に短いので、まず優先的に伊丹へお乗り継ぎの方をご案内します。次に、羽田へお乗り継ぎの方をご案内いたします。

お乗り継ぎ予定のない方は、陸路での振替輸送のご案内をいたします。●●時の新幹線に間に合いますので、そちらにお乗りください。詳細は、地上係員よりご案内をいたしますのでお声がけください。何卒ご協力をお願いいたします。

とな!!

すごいですね、この1時間ちょっとの間に乗り継ぎの手配を全てこなし、待っててくれたわけです。福岡空港のGSさんたち!!!

伊丹行きと羽田行きの方を見送った後、私もバスに乗り込みました(沖どめだったので、バス移動)その中で、黄色い札が配られました。

f:id:chonaphoto:20180702234743j:image

福岡空港から鹿児島中央までの新幹線チケット引換券です。天気のせいなのに。JALさんが、払ってくれると言う大切なお札。

 

さらにすごいこと。

ただ、福岡空港から鹿児島中央駅までは新幹線がまだまだあるので余裕だったのです。しかし、我々アイランドホッピングツアー参加者は『鹿児島空港』の真ん前のホテルを予約し、翌日もそこから飛ぶ予定なわけです。鹿児島中央駅ではなく、鹿児島空港に戻らなければなりません。

しかし、流石に22時ごろなので鹿児島中央駅から鹿児島空港行きのバスは終わってしまっています。途方にくれて、とりあえず聞いてみよう!とGSさんに相談したところ、まさかの回答が。

そこからはタクシーで向かってください。お手数ですが、一度代金を立て替えていただき、翌日JALのカウンターに領収書をお持ちください。

とな!!!!!

え、本当に?と思いましたが、他の同ツアー参加者たちも同じ回答を受け取っているようでした。たしかに、『振り返る』ならば鹿児島中央までではなく鹿児島空港まで行けないと意味ないですからね。

 

鹿児島空港に向けて出発!

実は前の週に旅行で(修行ではない)福岡に来ていたので、私はなぜか2週連続博多駅!なことになってしまいました。ただ、お陰でチケットの手配もスムーズに終わり(もちろん指定席!)鹿児島中央行きの新幹線に乗り込みました。

f:id:chonaphoto:20180702235641j:image

ちゃっかり駅弁もゲット♪飛行機とは違い、広々シートの新幹線でゆったり夕飯をいただきました。

 

f:id:chonaphoto:20180702235655j:image

そんなこんなであっという間に鹿児島中央駅に到着。そして、天気はまさかの曇り。空を見ても星もちらほら見えました…。

嘆いていても仕方がないので、すぐさま駅前からタクシーに乗り込みました。乗り込んでから気がついたのですが、鹿児島中央駅から鹿児島空港まで高速使っても40分ほどかかるとのこと!!!

タクシー代いくらだよ、、、((((;゚Д゚)))))))

という不安を抱えながらタクシーの運転手さんに本日の出来事をダイジェストでお届けしました。飛行機好きだと痛感したタクシーの運転手さんは、色々と空港エピソードを聞かせてくれました。うふふ。

 

あっという間にホテルに到着!肝心の料金は12000円…。しかも、カード使えないとな!!(窓に貼ってあったVISAのシールの意味なんだったのか未だに謎。)

ですが、地方の方は優しいですね…。悲劇を散々聞かされた運転手さんが、10000円にオマケしてくれました(笑)

※この時本当に現金が10500円しかなかったので、その言葉を聞いてとてつもなく安心したことは秘密。

 

温泉も、ディナーも食べられなかったけど、ステキな仕事を色んなところで見せてもらって大満足で眠りにつきました。

 

振替について【注意と補足】

今回、天候不良が理由にもかかわらず、JALさんは福岡→鹿児島の陸路運賃を全て補填してくださいました。しかし、これは毎回必ずその対応になる、という事ではありません。(お天気という、JALさんにはどうしようも出来ない理由だから、です。)

ですので、以前こういう例もあったらしいから、次回も必ず全額補填!となるとは限りません。

なぜ今回がこんなに手厚い対応になったのかは不明ですが、飛ばないかもしれない…となった時に、喜界島に残されてもホテルも少ないし、翌日満席だとしたら帰れないし…なところだったからせめて九州に連れていってくれた(欠航にならなかった)のでは無いかな…と個人的には考えています。

JALさん、ステキ。

 

 

 

ということで、2日目の試練につづく。